i by mika

*

2016年ベストアイテム《 SKINCARE & COSMETICS 》Part2

      2017/05/04

前回に引き続きベストアイテム。今回はポイントメイクが中心です。

ベストコスメ記事

2016年ベストアイテム《 SKINCARE & COSMETICS 》Part 1 ※スキンケア&ベース
2016年ベストアイテム《 SKINCARE & COSMETICS 》Part2 ※ポイントメイク ←今ココ
2016年ベストアイテム《 SKINCARE & COSMETICS 》Part3 ※ツール&総括

 

今年はデパコスにも今まで以上に手を出した年。

前はタール色素(赤○号など)を気にして避けていたのですが、気にすることに疲れ吹っ切れまして。でもそのせいか今顔がボロボロなので見直さなくてはいけないかもしれません。

スポンサーリンク

 

チーク、アイブロウ

07

THREE(スリー) / チーキーシークブラッシュ 05 FEELING THE FLOW
THREE(スリー) / エピック ミニ ダッシュ 06 JL:#9 DREAM
ipsa(イプサ) / アイブロウ クリエイティブパレット
NOV(ノブ) / アイブロウ グレー
UPS(アプス) / アイブロウペンシルチョーク オリーブアッシュブラウン
スージーニューヨーク / ソフトスタイリング エキスパート

 

2016年は小豆色、ぶどう色、ボルドーなどの色がトレンドイン。
私が一番はじめに手を出したのがTHREEのチーキーシークブラッシュでした。雑誌でも「小豆色」ともてはやされて話題になったチークです。店頭で試したとき、繊細でふんわりする仕上がりに感激。私はイエローベースの肌ですが顔色悪くならず、肌が白く見えてお気に入り。

エピックダッシュミニは友だちからの頂きもの。
チークだけでなくリップにもなるリキッドなんですが、つけるとパウダーみたいに肌の上で広がります。ちょっぴっと乾燥感があるかも?また発色がとてもいいので綺麗に仕上げるのがむずかしい。リップにするとマットな仕上がりになります。やっぱり伸ばすのがむずかしくて、最近はあまり出番なし…。

今年話題になったイプサのアイブロウ パレット。このアイブロウが出るまで眉に赤みを足したいときはチークを使っていましたが、こちらの方が断然眉毛との馴染みがいい。左下のカラーは本当に絶妙な色合いです。私は眉をかくと荒れるので、NOVのアイブロウペンシルを使った上からイプサの左下のニュアンスカラーをのせています。なのでほかの色は全く減っていません…。とくにNOVが描きやすい、モチがいいというわけでなく、ただ単に「私にとって荒れにくい」ので重宝しています。

また年末に見つけたUPSのアイブロウペンシルチョーク。面白い商品で、カラーアイブロウペンシルです。芯が柔らかいので摩擦に弱い私の眉にぴったり。またNOVのアイブロウは必須なので、その上から重ねています。イプサもなくなったらUPSに変えようかなと思っています。私はまだカーキしか持っていませんが、ほかにもバーガンディなど色んなカラーがあります。

アイブロウマスカラといえばヘビーローテーション。けれど私はスージー推しです。眉毛にボリュームがない、眉毛が物足りないという方だったらヘビーローテーションがおすすめですが、もともと毛がしっかりとある私としてはあまり眉毛一本一本太くしたくない。しかしここでオススメしたスージーのアイブロウマスカラはしっかりカラーリングしながらも繊細な眉毛に仕上げてくれます。ただカラーバリエーションが少ないのが残念。そういえば、写真はないけれどヘビーローテーションのピンクアイブロウはピンクヘアの時大活躍しました。

 

アイシャドウ、アイライナー

04

シャネル / レ キャトル オンブル 268
THREE / 4Dプラスアイパレット X02 ※限定
フローフシ モテライナー リキッド
RMK インジーニアス リクイドアイライナー EX

年末に写真を撮っただけあり、全体的に冬仕様。

写真にありませんが、夏はインテグレートのヌーディーグラデアイズ OR366(限定)をめちゃめちゃ愛用していました。今年はAddictionで買ったオレンジアイシャドウ Lady Amaryllis が大活躍する予感。(過去記事:《新作》2017年春夏コスメ

やっぱり一番好きなのはCHANEL レ キャトル オンブル 268。コスメ雑誌の2016年ベストを総なめにしているのも納得です。限定ではなく定番ですが、人気すぎて今でも店頭では品切れだと思います。最近はAddictionのオレンジアイシャドウと組み合わせてメイクをしています。冬の色かと思っていましたが、一年通して活躍しそう。マットアイシャドウの良さに気づかせてもらえた良品。

寒くなり乾燥が気になり始めた時、ツヤな目元にしたくてTHREEのアイシャドウを使っていました。ピンク系のブラウンパレットで、ラメがギラギラしていないので私好み。

アイライナーは夏にはRMKでみずみずしいアイライナーを、冬はこっくりめのモテライナー。RMKのアイライナーは使い続けると私はかぶれるのでほどほどに。今までアイライナーはMAKE UP FOR EVER一択でしたが、2016年はいろんなものを使っていました。モテライナーは筆先が細くてコシがあって描きやすい。

 

マスカラ

03

キャンメイク(CANMAKE) / クイックラッシュカーラー
etvos(エトヴォス)/ ミネラルロングラッシュマスカラ
ADDICTION(アディクション) /  スパークリング カラード マスカラ WP ※限定

マスカラは一年通してほぼこの組み合わせ。前提として、私の髪はブリーチヘアで明るい色なので普通の人と色選びの基準が違うかもしれません。ちなみに私は上まつげはetvos(ロング重視)、下まつげはADDICTION(ボリューム重視)と使い分けしてます。

マスカラベースは2016年いろんなものを使いました。このCANMAKE以外にもKATE、エテュセ、Diorを。しかしカール力を一番に求める私にはCANMAKEが一番合っていました。まつげが凶器みたいなりますけれども。KATEの方が評判良いように感じますが、私だと「まつげが重くなり地味にストレス」「(カールが落ちると)目に入り激しく痛い」「そもそもボリュームは求めていない」「下まつげにつけるとなぜか下まぶたにマスカラが移る気がする」という点から、軍杯はCANMAKEに。カール力が一番高く、一本一本綺麗なまつげにしてくれます。

03

ケイトは繊維が極太なので太くなりますよ。カラーマスカラも映えます。

ETVOSのボルドーマスカラは主張しすぎない色味が普段使いに向いていました。大人な方でも使いやすい色味だと思います。綺麗にセパレートしてくれて美まつげに。ナチュラルコスメだと思って甘く見ていましたが、ストックもあるほど大好きなマスカラ。

ADDICTONのスパークリングマスカラのLady of Lake。毎年限定で出ているカラーマスカラです。特にこの赤がお気に入り。ボリューム系のマスカラですが、落ち着いた赤なので強くなりすぎず。「カラーマスカラつけました!」という感じにはなりにくく、私の下まつ毛の定番になっています。何本か色違いも持っていて、ヘアカラーによって色を変えたりもします。ラメが入っているのでツヤ感のあるまつげになり目の潤い感UPしてくれる気がします。RMKのカラーマスカラも可愛いのですが、比べちゃうとパサっと感が気になってしまう。発色の良さはRMKですけれど!

DSC04338

上:etvos 下:ADDICTION

 

02

 

リップメイク

06

ジェーン・アイルデール / フォーエバー
NARS オーデイシャスリップスティック 9497
NARS サテンリップペンシル 9200

夏はシアーな色付きリップをずっと使っていました。ジェーンアイルデールのフォーエバーは2色とも持っています。唇の水分量によって色が変わっていくものです。気軽にぬれるので休日にもぴったり。私は塗りすぎると皮剥けします。

01

いろんなブランドがありますが、リップはNARSの色出しが一番好きかもしれません。秋口に活躍したマット系にリップ。私は唇が厚いのがコンプレックスであまりツヤ系は使えません。NARS好きなのですが、気になっている色は即完売するので悲しい。

13

NARS サテンリップペンシル

赤みの少ないブラウン系。ペンシルになっているので塗りやすいです。

14

NARS オーデイシャスリップスティック

レンガっぽい色味。これはすごく気に入って発売前から予約していました。そのまま塗ると私にはすごく濃いので、指にとってつけています。

 

さいごに

どどどんと色々紹介しました。やっぱり好きなものをあげると自分のテンションも上がります。

実はベストコスメはまだ終わってなくて、次はヘアケアとツール編。…で最後です。

ちなみに今顔がボロボロ、というのは眉と口元。白色ワセリンがやっぱり最強。

これが持ち運びが便利で愛用。今は顔のスキンケアもラロッシュポゼのターマルウォーター、ハーバーのホワイトレディとこのワセリンで終了。朝はメイクするので別アイテムも足して保湿してます。

Instagram更新中

※当ブログに掲載されている画像等の無断転載はご遠慮下さい※

このサイトはAmazonアソシエイトを利用しています。

 - Beauty, cosmetics